2014年07月29日

天人峡・羽衣の滝(北海道東川町)は、7段の滝の途中で2つの沢が合流している珍しい滝!

天人峡は、北海道・大雪山国立公園の北西部にある峡谷です。この羽衣の滝にある、『羽衣の滝(落差270m)』は、7段の滝の途中で2つの沢が合流している珍しい滝です。諸説あるようですが、日本第二位の滝といわれています。なお、天人峡には小さいながらも『敷島の滝(落差20m)』もあり、水量の多さから『東洋のナイアガラ』と呼ばれていたりします。『羽衣の滝』は、天人峡温泉に近くにあることから、温泉街からの滝への散策路が整備されています。ただし、2013年に土砂崩れにより、滝に向かう遊歩道は通行止めになっているそうです(2014年7月現在)。




日本の滝百選 羽衣の滝

http://youtu.be/k_F5n8yXAm8

●アクセス方法
旭川市から1時間。旭川空港から45分。天人峡温泉街から、滝への散策路が整備されています。ただ、現在は通行止め!

●地図


●詳細
羽衣の滝【見どころ】|天人峡温泉|見どころ|ようこそ東川(オフィシャル観光案内)
ようこそ東川 | 公式観光案内サイト(登山道からカフェから宿泊までご案内)

【楽天トラベルの観光案内サイト】日本国内の観光スポット2.5万件を掲載!

posted by とる at 07:33 | 滝の名所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。