2014年07月23日

吹割の滝(群馬県沼田市)は、『東洋のナイアガラ』とも呼ばれる滝!

『東洋のナイアガラ』といえば、群馬県沼田市利根町にある『吹割の滝』です。高さ7メートル・幅30メートルで、そんなに大きくないのですが、V字になっている両側から滝壺(?)に水が落ちていて、かなり迫力があります。この滝壺は、龍宮に通じているなんていう伝説もあるそうです。アクセスは、遊歩道があるので行きやすいそうです。この遊歩道は、冬季(12月中旬〜翌3月下旬)通行止めだそうです。渓谷美を楽しむのにおすすめ!秋の紅葉シーズンもいいらしいです!




国指定天然記念物・吹割の滝. 2012年7月

http://youtu.be/StTjfrAzVg8

●アクセス方法
車:関越道沼田ICよりR120経由、日光方面へ30分、有料駐車場あり
電車:JR沼田駅から関越交通バスで45分、『吹割の滝』バス停下車

●地図


●詳細
沼田市ホームページ<吹割の滝観光情報>(吹割渓谷の案内図があります。)
沼田市ホームページ<利根町振興局・観光情報・吹割の滝>(吹割の滝についての紹介。)

【楽天トラベルの観光案内サイト】日本国内の観光スポット2.5万件を掲載!

posted by とる at 08:21 | 滝の名所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。